国東半島の主な寺・史跡

国東半島は奈良時代から平安時代にかけて、六郷満山という独特の仏教文化が栄えた所です。今でも多くのお寺や史跡が点在しており、沢山の文化財などが残されています。33カ所の国東六郷満山霊場と呼ばれる寺院の霊場があり、これらは宇佐市にある宇佐神宮の影響を受けて栄えています。このような事から、六郷満山の33カ所巡りをする時は、宇佐神宮も巡ることになっています。国東半島には国東塔という、国東特有の宝塔が沢山ある事で知られ、お寺などでよく目にする事ができます。

文殊仙寺

両子寺

富貴寺

国東塔

立ち寄りスポット

▲ページトップに戻る