竹田の城下町

竹田市は旧岡藩の城下町として栄えた町で、今もその面影を残しています。天神山の広い高台には岡城趾の石垣などが残されおり、桜や紅葉の名所としても知られています。明治時代の著名な作曲家の瀧廉太郎が少年の頃に暮らしていた事でも知られ、岡城趾は「荒城の月」のモデルとしても知られています。瀧廉太郎が少年の頃に暮らしていた家も残されており、今は瀧廉太郎記念館として見ることができます。城下町の周辺では武家屋敷を始め、売店も点在しています。

竹田の町並み

武家屋敷通り入り口

竹田荘公園の遊歩道

周辺の観光スポット

▲ページトップに戻る