瀧廉太郎記念館

瀧廉太郎は明治時代の著名な作曲家です。主な曲は「春」、「箱根八里」、「荒城の月」、「鳩ぽっぽ」などがあります。東京生まれで、ドイツに留学中結核を発病し、両親が暮らす大分市で療養中、23歳の若さで生涯を終えています。瀧廉太郎の父親は内務省に勤めていた関係で転任が多く、12歳から14歳までここ瀧廉太郎記念館で暮らしていました。ここ竹田の町で音楽の道へ進むことを決心し、竹田小学校を卒業後に東京音楽学校へ入学しました。代表曲の一つ「荒城の月」は、竹田にある岡城阯がモデルになったという事でも知られています。記念館には手紙、楽譜、写真などが展示されています。

瀧廉太郎記念館

瀧廉太郎記念館の前

瀧廉太郎宅について

スポンサーリンク

廉太郎トンネル

瀧廉太郎記念館のから徒歩で3分ほど歩いた所に、廉太郎トンネルがあります。このトンネル内にはセンサーが取り付けられており、人が通ると瀧廉太郎が作曲したメロディーが流れるようになっています。

廉太郎トンネル

廉太郎トンネル2

トンネルについて

スポンサーリンク

地図、基本情報

所在地
大分県竹田市竹田
入場料
有料
時間
9時〜17時
定休日
12月29日〜1月3日
その他
3施設共通券(歴史資料館・旧竹田荘・瀧廉太郎記念館:700円)、駐車場(歴史資料館駐車場)
アクセス
大分市から車で約1時間3分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る