関崎海星館

海星館からの眺めは豊予海峡を一望でき景色のとてもよい所で、澄んだ晴れた日には四国の佐田岬が見えます。このように眺めがよいことから、せとうち風景30選に選ばれています。海星館には天体望遠鏡があるので、昼間は太陽、夜は星を見られるようになっており、流星群などが見える時はイベントが行われているので、ホームページでチェックして見に行くとよいと思います。庭には季節の花も植えられており、初春のスイセン、春のキンケイギク、初夏のアジサイ、秋のエンゼルトランペットの他、渡りの蝶として知られるアサギマダラが春の5月上旬から6月上旬にスバビキソウに羽根を休めに集まり、秋の9月下旬から10月上旬頃にはフジバカマに羽根を休めに集まります。この辺りには秋に咲くツワブキも多く、来る途中の道沿いに沢山咲いているのを見かける事ができます。

海星館

海星館から見た豊後海峡

四国の佐田岬

幸福の鐘

スイセンの花(1月下旬)

ツワブキ(11月上旬)

エンゼルトランペット(11月上旬)

スポンサーリンク

関崎灯台までの遊歩道

関崎海星館から関崎灯台まで遊歩道が続いており、近くで関崎灯台を見る事ができます。遊歩道は山の坂道を散策しながら歩くので、杖も用意されています。途中に正一位稲荷大明神があって先をもう少し先を進むと関崎灯台があります。関崎灯台は1901(明治34)年7月20日に完成した古い灯台で、今も狭水道を航行する船舶の目印として重要な役目をしています。

正一位稲荷大明神

関崎灯台

関崎灯台からの眺め

スポンサーリンク

地図、基本情報

所在地
大分県大分市大字佐賀関 
料金
1階展望室、展示ホール:無料
天体観測室:大人420円、高校生210円
時間
10時〜18時(月、水、木)、10時〜22時(金、土、日、祝日)
8月は10時〜22時(火曜日を除く毎日)
※天体観測の利用時間は公式サイトでご確認ください。
休日
火曜日(祝日は翌日)
12月29日〜1月3日(1日の6時から9時は初日の出観望会で開館)
その他
駐車場、トイレあり、お弁当持込み可。
アクセス
幸崎駅から車で約25分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る