猿飛千壺峡

山国川の上流にある猿飛千壺峡にある甌穴群です。河床に清流の流れで自然にできた沢山の甌穴があり、国指定天然記念に指定されています。猿飛という名前は、山猿が岩から岩へと飛び回っていたことから名付けられたそうです。周囲には遊歩道が作られており、秋の紅葉や春の新緑が美しく、猿飛千壺峡の周辺を見学する事ができます。猿飛千壺峡から600mほど下流へ行った所には、魔林峡と念仏橋があり遊歩道が続いています。

案内図

猿飛甌穴群

猿飛甌穴群2

猿飛甌穴群3

甌穴を流れる清流

猿飛甌穴群と紅葉

遊歩道の紅葉

魔林峡(まばしきょう)と念仏橋

猿飛千壺峡から600mほど下流へ行った所には魔林峡という峡谷と念仏橋という石橋があります。こちらは甌穴が発達してできた峡谷で、川の強い流れと時の流れの神秘さが伝わってきます。猿飛千壺峡から遊歩道が続いており、秋の紅葉、春の新緑が美しくなります。車では猿飛千壺峡、魔林峡ともに駐車場があります。

魔林峡とは

魔林峡

魔林峡2

魔林峡と念仏橋と紅葉

遊歩道

地図、基本情報

所在地
大分県中津市山国町草本
料金
無料
時間
-
その他
トイレ(猿飛千壺峡)、駐車場あり
アクセス
日田ICから車で約36分
一目八景から車で約55分
立羽田の景から車で約40分

▲ページトップに戻る