トップ国東、豊後高田、杵築国東半島の主な寺・史跡熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)

スポンサーリンク

熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)

胎蔵寺から300mほどの遊歩道を歩くと、鬼が一夜で築いたという乱積された急な石段があり、その石段を登ると2体の磨崖仏があります。左に高さ8mの不動明王像、右に高さ6.8mの大日如来像が岩壁に刻まれいます。造られた時期は藤原末期(平安末期)と推測され、両方とも国指定史跡、重要文化財に指定されています。鬼の造ったという石段は、人間を食べたい鬼が、恐れ多い熊野権現という神様に人間を食べたいとお願いします。神様は人間を食べたいのであれば、日暮れから鶏が鳴く翌朝まで100段の石段を造れ、できなかったらお前を食い殺すと、できるはずのない無理難題を突きつけます。しかし、人間を食べたいあまりの鬼は99段まで石段を造り、残り1段に驚いた神様は鶏のまねをしてコケコウーロと声を出して鬼をあきらめさせたそうです。磨崖仏からもう少し階段を登ると、熊野権現を祭った熊野神社があります。

鬼が築いたという石段

ムクの木とカヤの木

不動明王像

胎蔵寺

不動明王像

大日如来像

熊野神社

スポンサーリンク

地図、基本情報

所在地
大分県豊後高田市田染平野
料金
200円
時間
8時〜17時
定休日
無休
その他
駐車場、トイレ、売店、杖あり
アクセス
大分市から車で約60分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る