トップ臼杵、津久見、佐伯海の資料館(蒲江)

スポンサーリンク

海の資料館(蒲江)

佐伯市の蒲江は豊後水道の入り口付近で大分県最南端の海の美しい漁業の盛んな所です。海の資料館は、蒲江の漁師が使っていた伝統のある漁撈用具(魚類や貝類を捕る道具や作業道具)の網漁具、一本釣り具や延縄釣り具、運搬具、加工用具、照明具などが多数分類別に展示され、国指定重要有形民俗文化財に指定されています。これらの資料は旧蒲江町漁具保存会が、昭和51年から漁撈用具の調査で収集したものが展示されているそうです。

海の資料館

海の資料館の中

分類された資料

網漁具

蒲江の定置網

イカ釣りのエギなど

釣漁具

延縄漁のイメージ

資料館前の漁港

スポンサーリンク

地図、基本情報

所在地
大分県佐伯市蒲江竹野浦河内
料金
大人200円、小人100円、団体割引(15名以上50円引き)
時間
10時〜17時(入館は16時半まで)
休館日
月曜日・火曜日(祝日は翌日)、12月29日〜1月3日
その他
駐車場、トイレあり
アクセス
佐伯ICから車で約50分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る