トップ臼杵、津久見、佐伯城山(佐伯)

スポンサーリンク

城山(佐伯)

標高144mの山の山頂に城跡があります。1606年に佐伯城天守閣が山頂に築城されましたが、すぐに火災で焼失したそうで、今はその石垣が残っています。城山の山頂からの眺めはよく、佐伯の街だけではなく、晴れた澄んだ日には四国も見えるそうです。山頂までは、原生林の残った山道を片道20分ほど歩いて登りますが、運動にもよい事から、地元の人もよく利用しているようです。城山へ登る前には城山公園、三の丸櫓門があり、城山公園には桜が250本ほど植えられており、春になると桜で美しくなります。三の丸櫓門は1638年に造られた佐伯城の名残で、県の文化財に指定されています。

城山への登り口

城山への遊歩道

城跡の石垣

山頂から(霞で残念)

城山公園

三の丸櫓門

地図、基本情報

所在地
大分県佐伯市城山
料金
無料
その他
トイレ(鳥居近く)、駐車場(佐伯文化会館)
アクセス
大分市から車で約1時間30分
佐伯駅からタクシーで約5分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る