トップ臼杵、津久見、佐伯ミュージアムパーク 鶴御崎

スポンサーリンク

ミュージアムパーク 鶴御崎

九州最東端の鶴御崎にある、ミュージアムパーク鶴御崎です。高い所にある事からとても眺めのよい所で、空気の澄んだ晴れた日は四国も見えます。豊後水道が一望出来ることから、戦時中はアメリカの戦艦を見張っていたようで、戦時中の砲台跡などの残骸が残されています。鶴御崎灯台の周辺には遊歩道があり、九州最東端へも急な階段を降りた所にありました。鶴御崎灯台の少し手前から山道を10分ほど登った所に、展望ブリッジと言う展望台もあります。少し山道を登るので、手前には杖も用意されていました。展望ブリッジは鶴御崎灯台を見下ろす山の上で、晴れた澄んだ日には豊後水道が一望できます。下の写真を撮った日は霞が多く、少し残念でした。

鶴御崎灯台

鶴御崎灯台

鶴御崎展望台の展望台

戦時中の名残

九州最東端(階段が急)

最東端からの眺め

戦時中の倉庫跡(遊歩道)

展望ブリッジ

展望ブリッジ

展望ブリッジへの山道

防空壕

兵舎跡

戦艦の見張り場跡?

展望ブリッジからの眺め

スポンサーリンク

地図、基本情報

所在地
大分県佐伯市梶寄浦
料金
平成18年4月から無料
その他
トイレ、駐車場、望遠鏡、つばき園など
アクセス
大分市から車で約2時間30分
佐伯から車で約1時間30分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る