トップ大分市大分銀行ドーム

スポンサーリンク

大分銀行ドーム

2002年ワールドカップサッカーを機に総工費251億円を費やして造られたスタジアムです。以前はビッグアイとして名前が知られていましたが、スタジアムの運営費を賄うために、ドームの名前を貸し出しています。前は九州石油に名前が貸し出され九石ドームと呼ばれ、今は大分銀行に名前が貸し出され大銀ドーム(ダイギンドーム)と呼ばれています。Jリーグの大分トリニータのホームスタジアムとして知られていますが、お金を支払えば使用することができるので、イベントが行われている事もよくあります。個人の観覧も可能で、使用されていない時に大人100円支払えば中を観覧する事ができます。大分トリニータの試合の日は、ドーム近くの駐車場はすぐに満車になってしまうので、早めに行った方がよいと思います。すぐ近くの駐車場が空いていない場合は、少し離れたテニスコート近くにあるA駐車場に駐車して、園内シャトルバスで行くか歩いて行く事になります。混雑を避けたい場合は、シャトルバスを利用する方法もあります。シャトルバスは大分駅前通り大分バス本社前3番乗り場から、5分〜10分の間隔で出発されています。その他、試合日程、チケットなどについては、大分トリニータのHPをご覧ください。

大分銀行ドーム

ドームの内部

サッカースタジアム全体

試合の模様

ゴール!!

ゴールを決めて喜ぶサポーター

サポーターと選手

大分スポーツ公園

サッカードームの周りは大分スポーツ公園と呼ばれ、野球場、サッカーラグビー場、ストークフィールド(投てき場)、テニスコートなどがあります。これらの施設は有料で貸し切ることができ、この時は大芝生広場で年配の方がゲートボール大会を行っていました。大芝生広場近くにはエレベーターつきの展望台があり、上からサッカードームなどの景色を見る事もできます。多目的広場ではシートを広げてお弁当を食べてる人も見かけました。

大芝生広場

大芝生広場にある展望台

多目的広場

パークプレイス大分

パークプレイス大分は大分スポーツ公園と一体の公園都市で、主に商業施設として利用されています。施設内には沢山のファッション店、飲食店、映画館などがある人気の高い所です。

パークプレイス大分の観覧車

スポンサーリンク

地図、基本情報

所在地
大分県大分市大字横尾
観覧料金(ドーム内)
大人100円、子供50円
時間
9時〜21時
休日
木曜日
大分トリニータの試合(リーグ戦) 
料金:一般2000円〜、小中高500円〜
駐車場:無料
シャトルバス:大分バス本社前3番から5分〜10分間隔:350円、A駐車場からF駐車場まで100円
その他:出店多数あり
アクセス:
大分駅から大分バス本社前まで徒歩で約6分
大分バス本社前から大銀ドームまでバスで約20分
その他
トイレ、駐車場あり
アクセス
大分米良ICから車で約7分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る