スポンサーリンク

羅漢寺

羅漢寺は大化元年(645)にインドの僧(法道仙人)が、この岩山の洞窟で修業したことから開基されたと言われているお寺です。羅漢寺は山の中腹にあり、お寺までリフトを使って上がってゆきます。お寺にはいくつかの洞窟があり、沢山の石仏が残っています。中でも無漏窟の五百羅漢が有名で、沢山の石仏があります。無漏窟には沢山の願い事の書かれたシャモジが沢山あり、シャモジに願い事を書くとご飯を救うように、仏に救われると言われる事から願いが書かれています。羅漢寺は中腹にありますが、山頂までリフトが上っており、山頂には展望台などがあります。リフトへ乗るのはやや怖く、山頂から降りる際は特に怖かったです。

山門

千体地蔵尊の建物

千体地蔵尊

無漏窟の五百羅漢

羅漢寺本堂

池の鯉

山頂の展望台からの眺め

リフト

古羅漢

羅漢寺の向かいにある山に古羅漢があります。古羅漢には磨崖仏、石仏、国東塔などが残されています。古羅漢へは10分ほどかけて徒歩で上がります。

古羅漢の景

古羅漢

スポンサーリンク

地図、基本情報

所在地
大分県中津市本耶馬渓町跡田
料金
リフト
羅漢寺往復:700円、山頂往復:840円
ぼけ封じ祈願
しゃもじ大:1300円、しゃもじ小:800円
時間
9時〜17時
その他
売店、駐車場、トイレあり
アクセス
安心院ICから車で約52分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る