スポンサーリンク

青の洞門

江戸時代、遭難者が絶えなかった競秀峰という断崖が連なる難所に、禅海和尚という人が安全な道をと、ノミと槌だけで長さ342mのトンネルを30年かけて彫ったという所です。現在は車が通るために広げて元の形が完全には残っていませんが、一部手彫りの跡が残された遊歩道のトンネルが残っています。この青の洞門という名前は、菊池寛の「恩讐の彼方に」という小説で命名されたものです。

青の洞門

競秀峰にある青の洞門

絶壁に彫られたトンネル

遊歩道のトンネル

明かり窓

彫った跡?

禅海和尚の銅像

駐車場、売店、食事処

秋の競秀峰

スポンサーリンク

地図、基本情報

所在地
大分県中津市本耶馬渓町
料金
無料
その他
売店、食事処、公園、駐車場、トイレあり
アクセス
大分市から車で約1時間40分
中津駅からタクシーで約30分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る