スポンサーリンク

川中不動(かわなかふどう)・天念寺

長岩屋川の巨岩に不動三尊が彫られています。中央には高さ3m以上ある不動明王、両脇には高さ2mほどのコンガラ童子、1.7mほどセイタカ童子が彫られています。六郷満山で知られる天念寺の川沿いにあり、長岩屋川の水害からお寺を守るために刻まれたという言い伝えがあります。駐車場には鬼会の里 歴史資料館があり、国の重要文化財に指定されている、高さ198cmで木造の阿弥陀如来立像を見ることができます。本堂にも5体の仏像が安置されていて、ともに平安末期作と言われ旧国宝に指定されていました。このお寺は旧正月7日の夜に修正鬼会が行われる寺としても知られています。天念寺の裏山には天念寺岩峰、天念寺耶馬と呼ばれる奇岩があり、登山コースにもなっています。

川中不動

川中不動2

天念寺本堂

講堂と旧六所権現

国宝堂跡(仏像の安置跡)

歴史資料館と天念寺耶馬

地図、基本情報

所在地
大分県豊後高田市長岩屋
料金
無料
鬼会の里 歴史資料館
4月〜11月(9時〜15時)
12月〜3月(9時30分〜16時)
休日:第二、第四火曜日
料金:200円
食事(うどん、ソバなど)
定休日
無休
その他
駐車場、トイレ、食事
アクセス
大分市から車で約1時間45分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る