トップ日田、天瀬小鹿田焼(おんたやき)

スポンサーリンク

小鹿田焼(おんたやき)

国の重要無形文化財に指定されている焼き物の里です。300年以上前から、今も昔ながらの方法で焼き物が作られていることから、国の重要無形文化財に指定されています。今も足でロクロを回し、大浦川に流れる水力で陶土を砕く唐臼を利用しています。この陶土を砕く時にギー・・・バッタンという風味のある音がする事から日本の音風景100選にも選ばれています。小鹿田焼の特徴は飛びかんな、刷毛目、櫛描きなど独特な模様をしています。昭和29年・39年にイギリスの陶芸家バーナード・リーチという人が訪れた事で、世間に知られるようになったそうです。行けば直接小鹿田焼を購入できたり見学もする事ができます。毎年、ゴールデンウィークには小鹿田焼唐臼祭という踏みロクロを体験できるイベント、10月の第2土日には小鹿田焼民陶祭という、10軒の窯元が展示販売を行っています。

小鹿田焼

小鹿田焼について

川を利用して陶土を砕く

陶土を砕く唐臼

粘土を作る所

地図、基本情報

所在地
大分県日田市源栄町皿山
見学料
無料
時間
9時〜17時頃
イベント
小鹿田焼唐臼祭(ゴールデンウィーク)
小鹿田焼民陶祭(10月の第2土日)
その他
小鹿田焼陶芸館(小鹿田焼の展示)、食事(山乃そば茶屋)、駐車場、トイレあり、
アクセス
駅〜小鹿田皿山行きバス(約40分)
大分光吉IC〜日田ICまで(約1時間)
福岡IC〜日田IC(約55分)
日田IC〜車(約30分)

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る