スポンサーリンク

鬼山地獄

鬼山と言う地名に由来して名づけられたそうです。大正12年から温泉熱を利用したワニ飼育がされている事から、別名、鬼山ワニ地獄とも呼ばれています。ワニの種類はクロコダイル、カイマン、アリゲータが飼育されていて、冬は池が30度になるように温泉を入れているそうです。餌やりを見る事ができるようで、水曜、土曜、日曜に見る事ができます。クロコダイルの赤ちゃんの写真は18年ぶりの2006年9月に孵化したそうです。2007年1月に出口の水槽にいました。

鬼山地獄入り口

クロコダイル

沢山のワニ

カイマン

クロコダイルの赤ちゃん(2007/1)

地図、基本情報

所在地
大分県別府市鉄輪628
料金
大人400円、高校生300円、中学生250円、小学生200円
8地獄共通観覧券
大人2,000円、高校生1,300円、中学生1,000円、小学生900円
地獄めぐりの公式サイトに割引券あり。
時間
8時〜17時
ワニの餌やり
土日(10時、14時30分)、水曜日(10時)
定休日
無休
その他
駐車場、売店、トイレあり
アクセス
別府駅からタクシーで約12分
別府ICから車で約5分

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る