トップ別府市鶴見岳

スポンサーリンク

鶴見岳

標高1375mの鶴見岳へは登山や別府ロープウェイを利用して登る事が出来ます。山頂から空気の澄んだ天気のよい日には別府の街や国東半島が見える眺めのよい所です。春のミヤマキリシマ、秋の紅葉、冬は霧氷の名所にもなっています。夏は標高が高く涼しく、8月はロープウェイの夜間運行を行って夜景を見る事ができます。初詣・初日の出運行も行っています。山頂にもお土産売り場、喫茶、軽食する所などがあります。2008_2_14

冬の鶴見岳

別府ロープウェイ1

別府ロープウェイ2

展望台からの眺め(別府湾)

鶴見岳山頂

山頂からの眺め(国東半島)

遊歩道途中の布袋様

由布岳

権現一ノ宮

鶴見岳の霧氷

山頂付近は標高が高く気温が低いので、11月下旬から3月中旬頃に霧氷が見られる時があります。冬は空気が澄んでいるので眺めもよいです。鶴見岳山頂には霧氷展示室という、年間を通じて霧氷が見られ所もあります。

ジャンポ温度計

雪だるま

つらら

展望台から見た霧氷

霧氷と展望台

つらら2

霧氷と国東半島

霧氷

由布岳

鶴見岳の桜

鶴見岳にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、マメザクラが2000本ぐらい自生していて、春の4月上旬から4月中旬は鶴見岳公園さくら祭りが行われています。マメザクラは4月下旬頃の開花になります。

鶴見岳公園

桜1

桜2

鶴見岳のミヤマキリシマ

春の5月中旬〜6月上旬頃にミヤマキリシマの花が咲きます。ミヤマキリシマは九州の高山に生息する、ツツジの仲間で美しい花を咲かせます。

ミヤマキリシマと山上駅

ミヤマキリシマ

ミヤマキリシマと由布岳

スポンサーリンク

地図、基本情報

所在地
大分県別府市大字南立石字寒原10−7 
料金
大人1,400円、子供700円
時間
通常:9時〜17時(11月15日〜3月14日は16時30分まで)20分間隔で運行
初詣・初日の出運転:早朝4時〜
夜間鑑賞営業(8月):上り20時40分、下り21時20分
定休日
無休
その他
高原駅:駐車場、レストラン、九州焼酎館、山野草館、お土産売り場、トイレあり
山上駅:お土産売り場、喫茶・軽食、霧氷展示室、トイレあり
アクセス
別府駅からからタクシーで約22分
・別府駅西口からバスで約22分(別府ロープウェイ下車)

スポンサーリンク

▲ページトップに戻る